店長•ぶどうの鳥生

piyopiyomart(小売業)

piyopiyomartの店長•ぶどうの鳥生記録です。

  • 令和4年03月30日

    ぶどう店長として

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=de10960760fc35ba2f7a423500a623a4fc887888248a6d4628753748b6c4fe01
    最年長の僕は店長ぶどうとしてpiyopiyomartをやってきた。僕は、できることなら世界が、人にとっても動物にとっても地球にとっても優しくなればいいと思う。世界を変える方法はまず1人が小さなことからポジティブに始めること。微力だけど、やっていこうと思う!
  • 令和3年09月17日

    piyopiyomart

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=96155e24ed748004ac813c9e366f277f2e0a97750f3fdc4c4cc65f61cb69719a
    Aちゃんは定期的に、アニマルライツセンターのチラシを配っていた。 また、動物不使用のお菓子を僕たちと一緒に、結婚したBくんに売るおままごとをして楽しんでいた。 その延長で、チラシ配りよりも効率がいいのでInstagramで僕たちのアカウントpiyopiyomartを始めた。
    詳しくみる
  • 令和3年07月29日

    合成写真

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=d4fcb87646e7648df13a5a3dc999c9a1344269c31bb49a0d027cc28cd779003f
    Aちゃんはよく僕たちの写真にお絵描きしたり、写真を合成して1人で楽しそうに笑っている。変な趣味だし興味がなかったけど、この画像を作った時のAちゃんはめずらしく真剣だった。 人間界で起きていることは、これと同じことだと僕は思った。
  • 令和3年06月22日

    水浴び

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=59dc970619d8e04d42b0a29ca325defd86d9eba7396f74b7d3dd416491492660
    Aちゃんが無農薬野菜を洗っているところに、僕も入れてもらえた。 人間界では、蛇口をひねると水が出てくる。この水は、メリットだけではないみたい。農薬•塩素など体に有害なものが残っているので、浄水器が必須なんだって。 とっても気持ちよかった。
  • 令和3年06月20日

    僕たちの日常

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=a31cde9c4c8dd795943bee810bb42366a4ada12316344522329bf61397ae755e
    好きな子と見つめ合い、触れ合う。 友達は隣で気持ちよさそうにあくびをして みんなで風やお日様にあたる。 変な友達(くりーむ)にちょっかい出されて、いじめっ子(そら)から逃げる。 そんな穏やかな日常がとても幸せ。お店にいた時は、こんな自由なんて無かった。
  • 令和3年03月31日

    新しい家

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=641866f764a252c4621f9f5f262bac0c217a60c53a7c116dfb2068edff2f875c
    お金にとても余裕があるわけではないけれど、僕たちに1部屋を丸々くれた。僕たちは、部屋の中でケージにも自由に出入りし飛んだりして過ごせる。 エアコンなど、鳥目線で目につきそうな思いつく限り危険なものは全て部屋から排除された。
  • 令和2年12月28日

    そらちゃんが家族になった

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=f554613a9f423fdf9c2fb2fedd23269a7f92e32145d03807a0697d3f7d2e6260
    新しいおうちに引っ越し、ぼくたちはBくんと初対面。 Bくんは、ペットショップで可愛い子を見つけて、また1匹お迎えしたらしい。 Aちゃんは、「Bくんにペットショップの残酷さを伝えたけど、理解してもらうのは難しい」と言っていた。そらと命名。顔は可愛いけど、凶暴な女の子。
  • 令和2年12月17日

    引っ越し

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=1818b405249c558e29ca1257520416adb386b5f4c06c6a2a4b630cbb9074d750
    Aちゃんに夏、彼ができた。僕たちの可愛さを理解してくれる、優しくて、少し変だけど素敵な人だと言っていた。幸せそうだった。僕たちも、彼(今後Bくんと記載します)とみんなで県内で住むことに。 彼がお迎えしたおーろらちゃんと初対面。 おーちゃんはくりーむが好きみたい。
  • 令和2年09月28日

    保護鳥くりーむちゃんがお家に来た

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=47e04de02a13cb4d86206dbf240bda6a9b01d25c07d199b4034443b6936e0e3a
    みるくが亡くなって毎日泣いていたAちゃん。ペットショップも動物を苦しめている産業の一つだと知り、今後利用しないと語っていた。 動物愛護センターに、亡くなったみるくにそっくりな子が収容されていて、Aちゃんはお迎えした。 くりーむと名付けた。
  • 令和2年09月07日

    みるくちゃんが亡くなった

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=0227e2ffdfa9b56e6ed091e2922fa3d5bc7751b354eb1739f23035328d95f064
    Aちゃんは僕たちが自由に生きられるようにと、忙しくてもケージから出す時間を極力長くしてくれていた。その結果、好奇心旺盛なみーるちゃんがエアコンの中に入ってしまい、Aちゃんの手の中で息を引き取った。便利な物で溢れる人間社会で、動物が共に生きることは難しいのだろうか。
  • 令和2年03月25日

    僕は恋をした

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=412acecf3ad6dbff8373338bed17aa30266d004ce27748545fadc67c141f79ae
    黄色くて素敵なドレス、凛とした雰囲気の芯を持った女の子、きみちゃん。初めて彼女に会った時、とても素敵な子だと思った。 きみちゃんも次第に好意を寄せてくれるようになった。
  • 令和1年11月01日

    Aちゃんがお肉を食べなくなった

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=38d9adb0d100937a5c96fddf13dbcfaeb956694f296c692260f8d80aa5160f7d
    本格的に冬に突入した11月、Aちゃんが夜中にスマホを見て泣いていた。 鶏卵業の雄ひよこのシュレッダー動画を見たらしい。 僕たちに以前『ケンタッキーを食べた後にみんなと遊ぶとなんか罪悪感が芽生えるなぁ』と話してくれたことがある。 僕たちと鶏が重なったみたい。
  • 令和1年06月02日

    きみとしろみがお家に来た

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=2f17048820902c912249b8471251d3ec3e55ec81d6d5690533f72167e1cb2afb
    また人間の子(今後Aちゃんと呼びます)は、2羽のセキセイインコを連れてきた。今回は友達の家がある学芸大学駅近くのペットショップでお迎えしたみたい。 白い子と黄色い子がとても仲が良くて、引き離されたくなくて買ってきたと言っていた。 白い子は元々足が不自由だったみたい。
  • 令和 1年/平成31年04月30日

    お迎えされて

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=4cf9926639aa0943a0e90fb96663f64f04dcc04b3d6c6ca03c113017058a8f6a
    神奈川の小さなお家で暮らすことになった。 とても狭い箱にいた僕にとっては広かった。先住鳥のみるくちゃんと仲良くなり、いつも一緒にいるようになった。 この世界では、僕たち動物に権利はない。繁殖させられ親子は引き離され、娯楽や食肉目的で売買されるらしい。
  • 令和 1年/平成31年02月09日

    僕がぶどうと名付けられた日

    Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=7d85360f0f0f7895d5f308098ac31a55e9470b75469fabacfaf44d52fe02a878
    神奈川県在住の人間(女)に、自由が丘デパートの鳥獣店で僕は3000円で買われた。お金はお店のお爺さんに支払われた。数週間前から毎日夕方来店し、小さな箱に入れられている僕を悲しそうに見つめてきた子だった。雪の日だった。目の色がぶどう色なので、ぶどうと名付けられた。